花粉症対策のセオリー

MENU

初心者必見!これが花粉症の症状

「花粉症の季節になってきましたね・・」こんな話は他人ごとだと思っていたあなた。もしかしたら、気になるその症状は花粉症かもしれません。花粉症は年齢問わず、急に発症するものでもありますので、去年までのあなたは関係ありません。

 

今年から急に花粉症になってしまうという事も、考えられるのです。そこで、「もしかしたら花粉症かもしれない」と思っている人や、花粉症デビューをしてしまった人の為に、花粉症の症状について、ここでご説明していきたいと思います。

痒みの症状

花粉症で困るのは、痒みの症状です。至る所が痒くなってしまう人もいますし、ピンポイントで一部分だけ猛烈に痒いという人もいます。主に痒みを感じる場所をご紹介しましょう。

  • 目、鼻、のど、耳の中、顔の皮膚、頭皮、腕や足の皮膚、背中の皮膚

こうやって確認すると、体全体が痒みを発症する場所とも言えます。中でも多いのは、目、鼻、のど、耳の痒みです。花粉症になると、穴という穴が痒くなると言う人もいます。

鼻水が止まらない

花粉症の代表的な症状の1つでもある、鼻水です。クシャミと共に鼻水が止まらないと言う人が多くいます。そのため、ティッシュで鼻をこすってばかりいるので、鼻の下が赤くなってしまい、切れて血が出てくることもあります。水っぽいサラサラとした鼻水が、流れ出てくるのが特徴です。

咳の症状

喉のあたりがイガイガしたり、咳がでてしまいそうな埃っぽさをずっと感じている人も多いです。喉の症状が気になっているのですが、咳という形で出てきてしまうのです。咳をすると止まらなくなってしまうと言う人もいます。

倦怠感と微熱

体がなんとなく怠いと感じることがあり、微熱もあるという症状も出てくるときがあります。一見すると、風邪なのかな?と思うのですが、風邪ではなく花粉症の症状が現れているという場合があります。風邪との区別は病院で診察をしてもらうと、確認できます。倦怠感と共に、眠気が襲ってくると言う人もいますので、ボーっとしてしまうという症状も当てはまります。

頭痛

花粉症とは関係が無さそうなのですが、頭痛も花粉症からくるという場合があります。代表的な症状というわけではないのですが、ここ最近の花粉症患者さんの中には、頭痛を訴える人も増えています。頭痛だけの人もいれば、倦怠感や微熱と一緒に感じる人もいるので、こちらも風邪と勘違いする事があります。

 

このように、花粉症の症状というのはとてもたくさんあり、自己判断では確認ができないようなものもあります。血液検査で花粉症の可能性を知る事ができますので、不安なことがあれば病院へ行くと良いでしょう。