花粉症対策のセオリー

MENU

バカに出来ない民間療法

花粉症の緩和のために、色々な方法があると言われています。その中でも民間療法にスポットをあててみたいと思います。よく聞くけど、実際にやってみたことは無いというものもあるかと思いますので、是非参考にしてみてもらえればと思います。

鼻うがいでスッキリ

花粉症やアレルギー性鼻炎などの人が、酷い鼻づまりを解消する為に、鼻うがいをするという話を聞いたことはありませんか?実際に鼻うがいをすると、どういった効果が現れるのか、みていきましょう。

 

鼻水、鼻づまりで苦しい時に、鼻うがいをすると鼻が通ってスッキリすると言われています。鼻をかむだけでは出し切れない鼻汁が出てくると言う事もあり、開放感を味わいたいと言う人が、行っています。

鼻うがいのやり方

真水ではなく、食塩水が理想的なので、0.9%の食塩水を作ってみてください。水1リットルあたり9グラムの塩を入れると言う計算です。

 

コップに鼻を付けて、ゆっくりと鼻の穴から塩水を吸い込みます。慣れるまでは鼻から塩水が出ていっても仕方ないでしょう。慣れたら鼻から吸い込んだ塩水を口から出すようにしましょう。1日に1〜2回行うと良いでしょう。

注意点

真水では鼻の粘膜を傷つけてしまうので、必ず0.9%程の食塩水でやります。また、塩はしっかりと溶かしてください。粒が残っていると鼻に刺激や傷が与えられてしまいますので、注意してください。

アロマオイルで癒しタイム

アロマオイルを使って、花粉症の症状を和らげることもできると考えられています。アロマをお風呂に入れてみるのも良いですし、寝る時にアロマスプレーを枕元にかけてもいいでしょう。薄めたオイルをハンカチなどに垂らして、鼻に充てて外出先で吸い込むと言う方法もあります。

 

癒し効果と、すっきり感を味わえると言うこともあり、花粉症で辛い時期にアロマを活用する人が増えています。周りの迷惑になるほどの量を使用するのは辞めましょう。また、あまり直接的にアロマを鼻や体に使うのも注意してください。

 

このように、民間療法的な緩和対策はいくつか存在しています。花粉症を緩和させて、悪化するのを防ぐには、生活の中にこういったものを取りいれてみてはいかがでしょうか。