花粉症対策のセオリー

MENU

花粉症の治療方法と処方薬

花粉症を疑って病院へ行ったときに、花粉症だと判明した場合、どういった治療を行う事になるのか、確認していきましょう。病院での治療方法をここで見て、参考にしてください。

薬で改善を目指す

病院へ行くと、基本的には薬を処方されるので、毎日飲み続ける事になります。花粉症そのものに作用する薬や、花粉症からくる症状に対処するためのものがあります。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬は、花粉症のアレルギー症状すべてに作用してくれるものです。飲み薬もありますし、目が痒い場合には目薬もあります。副作用が少ないと言われているので、飲みやすい薬になっています。しかし効果を実感することが出来るのは、服用から2週間後になので、花粉が飛散する前から飲み始めるのがベストです。さらに花粉の時期はずっと、飲み続ける事が必要になります。

抗ヒスタミン薬

アレルギー症状の鼻水やくしゃみ、痒みを抑えるための薬です。内服薬や目薬、点鼻薬など様々な種類が用意されています。辛い症状をすぐに緩和させる為のものなので、即効性があります。しかし副作用もありますので、あまり頻繁に飲むのはお勧めされません。強度の痒みや、酷い症状の場合はあまり効果を実感できないこともあります。

ステロイド剤

とにかくアレルギー症状が酷く、辛い状況が続いている場合に使用する薬です。鼻づまりや粘膜の炎症などを改善させる効果があります。内服薬、注射、目薬、点鼻薬などが用意されています。かなり強力な効果を持っていますので、症状は緩和されますが、長期間継続して使い続けると、副作用が出ます。頻繁に飲むものではなく、どうしてもと言うときに、医師の診断を受けてから使う薬になります。

その他病院で出来る事

耳鼻咽喉科では、鼻づまりや喉の不快感などを、ネブライザーで緩和させることができます。花粉の症状で辛い時には、鼻水を吸ってもらったりする事もできます。皮膚科に行くと、痒みで掻きむしってしまった皮膚の傷の処置などをしてもらうことが出来ます。

 

このように、花粉症は主に薬での治療になるので、病院ではあまりに辛い症状で、緩和できる処置がある場合には、処置をしてくれるという状況になっています。