花粉症対策のセオリー

MENU

花粉の飛散時期とピークについて

花粉症の人が反応してしまうアレルギー反応は、どういったものが原因となっているのか全て知っていますか?よく耳にするのは、スギ花粉やヒノキなどの名前だと思います。しかしこれら以外にもたくさんの種類の花粉が日本には、飛散しています。

 

また、花粉だけではなく室内にいる、ダニからアレルギーを発症することもあります。花粉症と一言でいっても、様々なアレルギー反応を起こしていると言うことが分かります。それでは、花粉の種類とその飛散時期などをここで確認してみましょう。

花粉の種類とピーク時期

花粉というのは日本全国に飛散していますが、地域によって飛散している花粉が異なり、またピークの時期も異なります。そこで、花粉の種類とともに地域別のピーク時期も一緒に見ていきましょう。

ハンノキ属(カバノキ科)
  • 北海道:3月中旬〜5月中旬
  • 東北地方:1月中旬〜6月中旬
  • 関東地方:1月中旬〜5月下旬(3月〜4月がピーク)
  • 東海地方:1月中旬〜4月中旬
  • 関西地方:1月〜5月下旬(3月がピーク)
  • 九州地方:1月中旬〜5月上旬
スギ
  • 北海道:3月中旬〜5月中旬
  • 東北地方:7月〜9月以外は飛散(2月〜5月上旬がピーク)
  • 関東地方:真夏8月以外は飛散(2月〜4月下旬がピーク)
  • 東海地方:10月下旬〜5月上旬(2月下旬〜4月上旬がピーク)
  • 関西地方:10月上旬〜5月上旬(2月下旬〜4月上旬がピーク)
  • 九州地方:7月〜8月以外は飛散(2月中旬〜3月下旬がピーク)
ヒノキ
  • 北海道:4月下旬〜6月下旬
  • 東北地方:3月中旬〜5月中旬(3月下旬〜4月下旬がピーク)
  • 関東地方:1月中旬〜7月上旬(3月上旬〜4月下旬がピーク)
  • 東海地方:3月中旬〜5月中旬(3月下旬〜4月下旬がピーク)
  • 関西地方:1月下旬〜5月下旬(4月上旬〜5月上旬がピーク)
  • 九州地方:3月上旬〜5月下旬(3月下旬〜4月中旬がピーク)
シラカンバ(カバノキ科)
  • 北海道:4月中旬〜6月下旬(4月下旬〜6月上旬がピーク)
  • 東北地方:4月上旬〜6月中旬(5月中旬がピーク)

シラカンバは、北海道と東北だけで飛散している花粉です。北海道では主にシラカンバの影響で花粉症を感じる人が多いです。

 

逆にスギ花粉というのは本州で蔓延しており、北海道ではほとんど害がないと言われています。このように、代表的な花粉には飛散時期とピーク時期がありますので、ピーク時をどうやって乗り切るか、今から考えておきましょう。