花粉症対策のセオリー

MENU

花粉症を緩和してくれる!ハーブティーで心も体もリフレッシュ

いま花粉症の辛い症状を改善するのに「ハーブティー」が注目されています。ハーブティーは様々な有効成分を持っているので、体にも心にも良いと言われています。そんなハーブティーが、花粉症にも効果を発揮してくれるという事で、どのような効果を実感できるのか、詳しく見ていきたいと思います。

花粉症に効くハーブティーの種類

ペパーミント

とっても爽快感のある香りが特徴のハーブティー、ペパーミントには【鼻づまり】を改善する効果があります。スッキリとした香りが鼻を通るので、詰まった鼻に少なからず爽快感を与えてくれる効果があります。そして、ミントに含有されるポリフェノールが、鼻の粘膜の腫れた症状を緩和してくれます。

カモミール

ハーブティーの中でも、とても優秀な効果を持っているのがカモミールです。花粉症に対して【抗アレルギー作用】がありますので、花粉症で辛い症状全般を緩和してくれる効果が期待できます。花粉症からくる頭痛にも良いとされていますので、是非飲んでみてもらいたい1杯です。(注意!ブタクサのアレルギーがある人は、カモミールで悪化する事があります。思い当たる人は飲むのをやめましょう。)

ネトル

一般的にはあまり知られていないのですが、アレルギー持ちの人にとても頼られているのが、ネトルです。花粉やアレルギーによる【目、鼻の痒み】などを抑える作用がある「ヒスタミン」という成分が含まれているハーブティーです。痒みが辛い人におススメしたい1杯です。

エルダーフラワー

呼吸器の状態を整えてくれる作用があり、喉のいがらっぽさを解消する効果があるハーブティーです。呼吸器、気道などをスッキリとさせることが出来るので、花粉で喉に嫌な感じがある場合に飲んでもらいたいと思います。

ハーブティーを飲むときのポイント

ハーブティーは効果を実感するまでに、少々時間が必要になりますので、花粉症の対策で飲みたい場合には、花粉症状が出てくる1か月前位から飲み始めておきましょう。もっと前から継続的に飲むことも、もちろんOKです。

 

1日に2〜3杯程度のハーブティーを飲むのが理想的です。飲み過ぎは逆によくないですし、大量に一気に飲むこともお勧めしません。2〜3回に分けて飲むことが1番効果的だと考えられています。

 

ハーブティーの香や味が強くて飲みにくいと言う場合には、ハチミツを入れてみたり、甘くしてみたり、自分好みの味を加えて飲みやすくすると良いでしょう。