花粉症対策のセオリー

MENU

花粉症のメカニズムと原因

花粉症になる原因は一体何なのか?なぜ自分が発症してしまったのか、不思議に思う人もいるでしょう。そこで、花粉症になる仕組みや原因についてお話をしていきたいと思います。

花粉症のメカニズム

体内に外敵とされる異物が侵入してきたとき、私たちの身体の中では異物を除去するための働きが作用します。その働きというのは、鼻水を出して鼻の異物を排除してみたり、くしゃみをして体外へ吹き飛ばそうとしてみたりする事です。このような働きを身体がしているおかげで、細菌などから体を守っているというわけです。

 

さて、ここで花粉は異物、外敵と判断されるのかどうか?という事です。外敵であれば、誰もがみんな鼻水、くしゃみに悩まされますよね。つまり、通常であれば花粉が鼻や喉に入ってきても、何も反応はしないで済むのです。しかし花粉症という疾患の場合には、外敵と捉えられてしまい、体が敵を排除しようと働き出してしまうのです。

 

ですから、花粉症というのは、過敏に体が花粉に反応してしまう症状なのです。全く反応しない人は、痒みもクシャミも、鼻水も花粉によって引き起こされることは無いのです。

なぜ発症してしまうの?

それでは、なぜ花粉症になってしまうのか、その原因を探っていきましょう。

 

花粉に対して誰もが最初から反応をしてしまうわけではなく、急に症状が出ると言うのがポイントです。花粉は体内に入っても、過敏な反応を示さなければ何も症状は出ませんが、体内に入り込んだ花粉はいつでも「なみなみと水の入ったコップ状態」なのです。あと1滴落としたら、水がコップからあふれ出るように、花粉も限界を迎えてしまい体が過敏に反応してしまうようになる可能性があるのです。

 

つまり、いつ花粉症になってもおかしくないのが、私たち人間なのです。ギリギリの所で発症を免れる人と、そうでない人がいるだけであり、花粉に過敏反応するときはいつでもだれにでも可能性があるという事なのです。

 

ちなみに花粉症は、免疫力が低下している場合などに発症しやすいとも言われていますので、ストレスを抱えている人や、不健康な生活を送っている人は、発症しやすくなっています。